壇蜜 恋愛ご無沙汰も「撮影現場で“男成分”補給できました」

2016年08月31日 14時44分

中国宮廷衣装姿で登場した壇蜜

 タレントの壇蜜(35)が31日、都内で行われた中国時代劇「武則天―The Empress―」のDVDリリース記念イベントで、あでやかな中国宮廷衣装姿を披露した。

 

 露出の多い衣装を着る壇蜜にしては少々、着込んだ印象を受ける。本人は「オーガンジー(生地の一種)をふんだんに使ったドレスを作ってもらいました」とご満悦だが、「(セクシーに)見える衣装でもいいよと言ったけど。コンプラなんとかがなければね」と何かとコンプライアンスにうるさい現代の風潮をチクリと指摘してみせた。

 

 夏は恋愛の季節だが、アラフォーに差しかかる壇蜜は音沙汰がないよう。撮影現場で一緒になった年下の男性技術スタッフと仲良くなったそうだが、「肩を組んだくらいのスキンシップで夏は終わりました」とガックリ。「まあ“男成分”は補給できました」と前向きにとらえた。

 

 壇蜜は大学時代に中国語を専攻。昨年はNHKの中国語番組「テレビで中国語」に出演していただけに、中国語のコミュニケーションが多少できる。

 

 中国語を上達させる秘訣を中国語の先生に聞くと「『愛だよ』と言われました。あっ、彼氏ねと」と中国人男性との交際をすすめられたことを明かした。

 

 中国語の披露をリクエストする報道陣に対しては「チョータイツゥ」(おバカさん)と流ちょうに発音してジョークを飛ばし笑わせた。

 

 DVDは9月2日リリース。