ベッキー 「イッテQ!」復帰も「金スマ」騒動余波で白紙に

2016年07月29日 05時00分

「金スマ」を放送しているTBS

“ゲス不倫騒動”で1月末から休業していたベッキー(32)がは、5月13日に放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で104日ぶりに復帰。中居を相手に、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)と不倫関係にあったことや、1月の会見でウソをついていたことを認め、謝罪した。

 久々の登場とあって、24・0%という高視聴率を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。注目度の高さをうかがわせたが、「金スマ」という一番組での復帰に、TBS以外で放送していた義理がある他番組の怒りを買ってしまったのだ。

「『金スマ』での復帰をベッキーサイドが極秘プロジェクトとして進めたため、他のレギュラー番組には一切説明がなかった。特に怒ったのが日テレ。『イッテQ!』で復帰するというプランもあったのに『金スマ』がかっさらっていったから、今後の出演プランは白紙となった」とテレビ局関係者は明かす。

 こうした経緯があっただけに、「トリック――」の打ち切りが“意趣返し”と言われているのだが、果たして真相は?