矢口真里 佐賀県知事にあの騒動イジられ泥まみれ

2016年07月21日 13時55分

まさに泥まみれの矢口

 タレントの矢口真里(33)が21日、東京・港区南青山に限定オープンするバー「GATA―BAR from SAGA」(22~31日)のオープニングイベントに、山口祥義佐賀県知事(51)らと出席した。

 

 同バーでは現地直送の泥で、有明の干潟を再現。佐賀の地酒や名産品を楽しみ、潟泥プールに漬かることができる。

 

 山口知事は「有明海は佐賀の母なる海。人生の再スタートを切ろうとする人たちに、ぜひ入ってもらいたい」とあいさつ。さらにTシャツの下にビキニの水着を着てステージに上がっていた矢口をチラリと見て「あれ、今日入るのかな。何かつらいことあった?」と不倫騒動で離婚して世間を騒がせた矢口を、芸人顔負けの調子でイジり倒した。

 

 すでにバラエティータレントとして日々体を張った仕事をこなし、地位を確立しつつある矢口は「つらいことはあったが、立ち直ったので」と涼しい顔だ。

 

 肌寒さすら感じさせる大雨の中、臆せず泥に埋まり「ひんやりしてすごい気持ちいい。あ、助けて~。泥に包まれちゃって動けない。あれ、中に何かいる? ムツゴロウ?」とはしゃぎまくった。

 

 シャワーを浴びてすっきりすると矢口は「この間、スキューバダイビングをやったけど、テレビで水着になるのは久々かな。でも、さすがにTシャツがないとダメ」と苦笑い。

 

 矢口は〝ワイプ芸〟を売りにしていたことからあまり目立たなかったが、実はこのところすごい勢いでボディーに厚みが増し、本人も気にかけている。

 

 スキャンダルを経験し格段に色気を増しただけに、ダイエットに励み、大人ボディーを披露してもらいたいものだ。