5億年前に人間がいた?「サンダルに踏まれた三葉虫」化石が…

2016年07月19日 16時00分

 以前、はるか昔に絶滅していたはずの恐竜と人間が共存していた!?とされる様々な物証を紹介してきた。だが、それらの多くは後世の創作か偶然の産物であるという結論が出ている。

 しかし、世界には恐竜時代よりはるに古い時代のものにもかかわらず、人間の足跡らしきものが確認された化石が存在しているのだ。

 問題の化石は、1968年に米国ユタ州で発見されたもの。小さな三葉虫がつぶされた状態になったものなのだが、どう見ても扁平なサンダルにつぶされたような痕跡になっているのだ。長さ約26センチ、幅はつま先部分が約9センチ、かかと部分が約7・6センチとなっており、発見者は「まるで履き込んだサンダルのよう」な跡だとコメントしている。この跡の周囲には重力がかかった跡があり、実際に何かが砂地にめり込んで小さな三葉虫を潰したことは間違いないものとなっている。

 問題はこの化石が出土した地層だ。この化石は恐竜時代よりはるかに古い、カンブリア紀の地層から発見されているのである。カンブリア紀はおよそ5億4200万~4億8800万年前にあたり、地球上でも高等生物は存在しなかったとみられている。そんな時代の地球に、何者かがサンダルを履いて訪れたとでもいうのだろうか?

 さすがに時代が古すぎることから、この足跡の主は普通の人間ではなく古代の地球にやってきた異星人のものではないかとする説も存在している。それ以外にも、未来の人類が過去の地球を訪れた際に三葉虫を踏みつけてしまった跡ではないかという、タイムトラベラー説も出てきている。

 だが研究の結果、この足跡に見える部分は別の大きな三葉虫のものではないかといわれている。何らかの要因で大きな三葉虫がひっくり返り、あおむけに倒れた際に小さな三葉虫を潰してしまったものではないかと見られているのだ。他にも、風化や岩盤に入った亀裂などがサンダルのような形状を作ったのではないかとする説が出てきているため、この「カンブリア紀のサンダル跡」も自然の造形によるものと考えた方がよさそうだ。

(提供=ミステリーニュースステーションATLAS