UFOが墜落した瞬間を捉えた!?カナダで謎の雲と飛行物体

2016年07月18日 10時30分

 有名なロズウェル事件しかり「UFOが墜落した」という事件は多く報告されている。だが、目撃証言の多くは夜間であり、墜落したUFOらしき謎の破片が後日発見される、というパターンがほとんどだ。ないしは、謎の落下物が発見されてから「そういえばUFOかもしれない発光体を見た」という証言が出てくるケースが多く、実際には関連性が認められなかった事もあった。

 そんなUFO墜落の決定的瞬間を捉えた!?とする動画がカナダで撮影されて話題になっている。

 問題の動画は今年の6月3日、カナダ・バンクーバーで撮影されたもの。まだ明るい空に、飛行機雲のようなものが走っている。しかし、その飛行機雲は途中で急角度で曲がって地面の方に向かって伸びていくのである。

 普通なら飛行機雲が途中でこのように急角度で曲がることはあり得ない。雲が風に流されていた場合でも、雲全体が風の方向に沿って引き延ばされてしまうため、このように形を保ったまま曲がってしまうことはあり得ない。

 また、動画をよく見ていくと、最後に一瞬だけ黒い物体が上空へ飛んでいく様子が映っている。この黒い物体に関して、撮影者は雲の動画を見返していて気がついたと証言しており、また近くを飛んでいた虫が映り込んだものでもないと答えている。

 果たして、この謎の雲はなんだったのか?

 消えかかっている雲の上部を見ると、回転しているらしいことも分かる。また、この日に大きな飛行機事故などが起きたという報告もなされていない。動画に映ってしまったのは、やはり本当にUFOが落ちた痕跡だったのだろうか?そうだとしたら、この煙の先には墜落したUFOの残骸が存在しているのではないだろうか。海外のUFO研究家や多くのUFOファン達は動画の検証を行っているという。

【関連動画】Cloud UFO Vancouver BC 06/03/2016
https://youtu.be/oDUkNRexu9U

(提供=ミステリーニュースステーションATLAS

 

関連タグ: