【参院選】“小沢ガールズ”青木愛氏が「最後の1枠」で議員返り咲き

2016年07月11日 11時30分

 10日投開票された参院選は、比例代表の議席配分をめぐって11日早朝まで各党が開票状況を見守った。日付が変わってから、元議員が「最後の1枠」で当選を決め、議員返り咲きを果たすドラマもあった。

 午前6時ごろ、おおさか維新と生活の党が争っていた比例代表最後の1枠が生活に決定。約10万3000票を得た青木愛氏(50)が当選となった。

 青木氏は民主党時代に衆参で議員を務め、“小沢ガールズ”の1人として知られる。師匠で同党元代表の小沢一郎衆院議員(74)とともに民主党を離れ、2014年の総選挙で落選していた。生活は今回、改選2議席がゼロになる危機だったが、青木氏の滑り込みで屈辱を免れた。