「森三中」村上知子 2歳の娘が絵本のブタ見て「ママだ」

2016年07月06日 17時38分

「ナンスタイルCAFE」のオープンニングイベントに登場した「森三中」村上

 お笑いトリオ「森三中」村上知子(36)が6日、東京・恵比寿に期間限定でオープンした「ナンスタイルCAFE」(11日まで)のオープンニングイベントに登場した。

 

「ナンスタイルCAFE」では、老舗ピザブランド「デルソーレ」が様々なナンの食べ方を提案する「ナンスタイル」を実際に店舗で食べられる。ナンといえば通常カレーにつけて食べるもの。しかし最近、それ以外の食べ方が外食チェーンで出されるなど、徐々にブームになりつつある。今回、同店舗では6種類のナン料理が楽しめる。

 

 テレビなどで腕前を披露するなど料理上手として知られ、名誉店長に就任した村上。イベントでは自ら考案した「ナンピザ・ミート」をはじめ3種類を試食した。

 

 ナンをスイーツとして楽しむ「チョコとバナナのマシュマロナン」が登場すると「これはヤバイやつ。ホントにおいしい」と大興奮。「バナナをマンゴーとか桃に代えてもおいしいかもと思いますね」と料理好きならではの視点で付け加えた。

 

 イベント終了後は2歳の娘に触れ「パンが大好きで、家で『ナンピザ・ミート』を作って食べさせてあげました」と母に似て食欲旺盛だと明かした。続けて「絵本の中のブタを指さして『あ、ママだ』って言うようになったんですよ」と、きちんと母を認識?できるようになったと子育ての順調さをアピールした。