米倉涼子「ドクターX」初スペシャルの視聴率は22・0%

2016年07月04日 11時45分

 女優・米倉涼子(40)主演のテレビ朝日系ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~スペシャル」が3日(午後9時~11時10分)に放送され、平均視聴率22・0%を記録したことが、4日、分かった。なお、瞬間最高視聴率は25・8%(午後11時4分)だった。

 

「ドクター――」米倉演じる天才外科医・大門未知子「私失敗しないので……」の決めゼリフでおなじみの医療サスペンス初のスペシャルドラマ。今回はゲストに大御所・ビートたけし(69)が敵役として登場したことも話題となった。

 

 テレ朝きってのキラーコンテンツである本作。2012年10月に放送された第1弾の全話平均視聴率が19・1%、13年10月放送の第2弾では同23・0%、14年10月の第3弾でも同22・9%といずれも高い数字をマークしている。今回のSPドラマへの高い注目から、10月から放送が決まっている第4弾も高い数字となることが予想される。

 

 なお、今回のSPドラマは早くもBlu―ray・DVD化が決定しており、第4弾が始まる直前の、9月28日に発売予定。

 

(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)