小籔 交際報道のサバンナ高橋に「あ~ちゃん悩ませたらボッコボコにしたります」

2016年07月01日 19時19分

お笑い芸人の小籔千豊

 8月に開催する「吉本新喜劇 小籔座長公演」の発表会見が1日、都内で行われ“情報番組の常連”小籔千豊(42)がコメンテーターぶりを発揮した。

 

 まずは5月末の交際報道に続きこの日、Perfumeの「あ~ちゃん」こと西脇綾香(27)とのデート現場をフライデーされた後輩芸人・サバンナ高橋茂雄(41)について言及。小籔は「MV見た回数だけで言ったら、多分ボク芸人一番」を自負するほどのPerfumeファンだけに、「ナチュラルに恋していただきたいな」と彼女たちの楽曲タイトルに引っ掛けエールを送った。

 

 ただその応援も、西脇と話す機会があって「ストレス何もないです」という場合に限った話。「あ~ちゃんさんが『ちょっと悩んでるんですよね~』とか、もしそういうふうな恋愛になってたらですね、そりゃもう高橋君、後輩ですから、居酒屋呼び出してボッコボコにしたります」とのことだ。

 

 続いては、夫・高知東生容疑者(51)の覚醒剤事件を受けて前夜に会見した高島礼子(51)についてだ。家族想いで知られる小籔だけに、言葉を選びながらこう話した。

 

「世間の人が『高島礼子さんがこんなこと言うやろうな』っていうことしか言うてへんかってんから、“もう聞かんでええやん、かわいそうにな”と思いましたね。だからすごく『高島さんはかわいそう』というのもアレでしょうけどね、大変でしょうし…。“あんだけの報道陣の前で旦那さまのことを語るのはつらいやろうな”と思いましたけど、すごく立派で、しっかりされてて…。ホントに高島さんのことが好きになりましたね、こうまっさらにというか」

 

 高知とは過去に番組共演したことがあるという。「ホントに明るくて、僕らにも腰の低い、いい人でした。さわやかなお兄さんといった感じ」の印象しかないからか、悪口は出ない。「それと今回のことは別なんでしょうけど、“あぁ、こうやって他の事務所の若い人にもキッチリあいさつせなあかんな”って思わしてくれる先輩ってチョイチョイいらっしゃるんですけど、そんな感じの人でしたね」

 

 今年で3回目のこの座長公演は、8月24~28日、東京グローブ座で計9公演開催する。