紗倉まな&佐藤二朗 意外な心の触れ合いとは

2016年07月01日 16時51分

佐藤(左)と紗倉

 セクシー女優・紗倉まな(23)と俳優・佐藤二朗(47)の「心の交流」が1日、話題になっている。

 

 ツイッターのフォロワー数18万7000を誇る紗倉はアイドルユニット「乙女フラペチーノ」で活動したり、2月には小説「最低。」(KADOKAWA)を出版するなどマルチに活躍している。一方、佐藤といえば映画、舞台、テレビドラマに出演するなど名バイプレーヤーとして活躍中で渋いルックスと演技が売りだ。

 

 その佐藤が息子に対する心温まるツイートを次のように投稿。「一心不乱にアイスを頬張る息子を見てたら、『?』となった息子と目が合った。思い出した。子供の頃、僕を見る父に対し『美味しい思いをしてるのは僕なのに、なぜ嬉しそうに僕を見るんだろ?』。息子よ。自分以外の人が美味しい顔をしてるだけで嬉しくなる事が、人にはあるのだよ」

 

 この投稿に感銘を受けた紗倉は佐藤の複数のつぶやきをリツイート。さらに1日未明、「優しくてとても愛情深い人なんだろうな。と思い、連続RT。会ったこともないし、その人のことをなにも知らないというのに、あたたかいことだけはわかるのだから、すごいよね」とツイートした。

 

 これに佐藤がビビッドに反応。「とても光栄。僕は貴女の『えろ屋やってます』の一文をとてもカッチョいいと思います。互いに畑は違えど、お客が楽しむために全力を尽くしましょう」と返した。

 

「えろ屋やってます」とは紗倉がツイッターのプロフィルの冒頭に入れているものだが、佐藤はセクシー女優という職業に誇りを持ち堂々とした姿を頼もしく感じているようだ。

 

 2人のやり取りに一般ユーザーからは「感じるよね不思議だよね!まなさんもあったかい人だな」「言葉使いに敏感だからお互いわかるんですね」などと反響ツイートが投稿されている。