藤原竜也「ハリウッド出演オファー」にも冷静「何らかの形で関わっていけたら」

2016年06月30日 19時51分

映画の公開直前イベントに出席した(左から)ローランド・エメリッヒ監督、藤原竜也、リアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム、マイカ・モンロー

 俳優の藤原竜也(34)が30日、都内で行われた映画「インデペンデンス・デイ リサージェンス」(7月9日公開)の公開直前イベントに出席。同作のローランド・エメリッヒ監督(60)から「ハリウッドの映画に出てほしい」とラブコールを受けた。

 

 大ヒットした前作から20年――。宇宙人による地球侵略という壮大なテーマの同映画について、エメリッヒ監督は「とにかく宇宙船が巨大なんだ。大西洋を埋めるほどの大きさを持った宇宙船なので、そこが見どころだね!」とアピールした。

 

 日本語吹き替え版で主人公の声を担当している藤原がステージにゲストとして招かれると、エメリッヒ監督は「グッドルッキング、グッドルッキング!」とビジュアルを大絶賛。さらに「ハリウッドの映画に出てほしい」とラブコールを送った。

 

 まさかの出演オファーに藤原は「何から何まで規模が違いますからね。これからも何らかの形で関わっていけたらいい」。さすがにリップサービスと見抜いたのか、サラリとかわした。