今くるよ 奈良・葛城市長を「しり相撲」で跳ね飛ばす

2016年06月29日 18時10分

今くるよ(左)と山下和弥市長

 ベテラン女芸人の今くるよ(年齢非公表)が29日、相撲館「けはや座」(奈良県葛城市)の応援隊長に選ばれ任命式が行われた。

「けはや座」とは、古代相撲の発祥の地を記念して造られた施設。同館の名誉館長で大の相撲マニアで知られる河内屋菊水丸(53)プロデュースの下、7月から来年3月までの間「けはや座お笑い道場」と題したお笑いイベントが行われる。

 今回、新たに同館の応援隊長に選ばれたくるよは「黄色い声援送って、黄色い服着て応援します。実は若貴兄弟が小さいころに会ってるんです。その後どんどん大きくなってフィーバーして、相撲の力ってすごいなと思った」と相撲好きをアピールした。

 菊水丸からイベントで行われる「しり相撲大会」への参加を打診されると、くるよは「やります! 勝てますね」とノリノリ。会見に同席した山下和弥葛城市長とその場でしり相撲をする流れとなり、見事に市長を跳ね飛ばすと「ほら軽いもんでしょ」と笑顔を見せた。

 その山下市長に対してくるよは「佐藤浩市に似てる。リサイタルするなら応援に行くわ」と秋波を送った。