高知容疑者「覚醒剤逮捕」で高島礼子事情聴取へ

2016年06月29日 06時00分

撮影が行われた京都市の東映・京都撮影所

 覚醒剤取締法と大麻取締法の違反(所持)容疑で夫の高知東生(本名・大崎丈二)容疑者(51)が逮捕された女優の高島礼子(51)は、7月21日スタートのテレビ朝日系連続ドラマ「女たちの特捜最前線」(木曜午後8時)の主役を務める。同ドラマの撮影が行われている京都市の東映・京都撮影所には27日も多くの報道陣が集まったが、高島は姿を見せなかった。

「女たちの――」は運が悪いことに、主演の高島が総務課の女警察官を演じ、熟女たちの井戸端会議で事件を解決するというストーリーだ。よりによって夫が逮捕されたばかりとあって、放送まで1か月を切った現時点でも、果たして本当に放送できるのか?と注目されている。

 この日、高島の姿は確認できなかったが、共演の女優・宮崎美子(57)が撮影所内を女性警官の姿で移動する姿を本紙カメラマンがキャッチ。同じく共演者の渡辺いっけい(53)らが撮影所を出入りする姿も見られた。

「一応予定通り放送すると見越して、撮影をしている。撮影は進んでいるため、いまさら『高島だけ降板』というのはかなり難しいだろう。とはいえスポンサー筋が、高島の出演を納得するかはまだ分からない。今後も新たな事実が出てくる可能性もあるから。放送中止、放送延期はまだ完全に否定できず、予断を許さない状況であることは間違いない」とテレビ局関係者。

 すでに自宅が家宅捜索されており、当局は高島への事情聴取も行う方針だという。高島は必死に周囲に頭を下げているというが、本当に頭の痛い問題を抱えてしまった。