天童よしみが新曲に手応え「時間かけて歌っていきたい」

2016年06月24日 16時36分

真剣な表情でキャンドル作りに挑戦した天童よしみ

 演歌歌手・天童よしみ(61)が24日、都内で新曲「女のあかり」のタイトルにちなみ、オリジナルキャンドル作りに挑戦した。

 

 新曲のテーマカラーに合わせ、ピンクとパープルを混ぜてキャンドルを完成させた天童は「雑誌やテレビでお風呂にキャンドルを浮かべているのを見てて、興味はあった。作れれば面白いだろうなあと思っていた。きれいにできて楽しかった」と笑みを見せた。

 

 2月に発売した新曲は4万枚を売り上げ、ロングヒットの兆しを見せている。

 

 天童は「お客さんの反応は新曲によってさまざまなんですが、この『女のあかり』はコンサート会場で毎回、売り切れる」と明かし、ミリオンを記録した「珍島物語」以来の手応えを感じている。

 

「カセットテープも売れていて、幅広い層にウケているのがうれしい。時間をかけて歌っていきたい」と語った。