テレ東「孤独のグルメ」夏にスペシャル「東北・宮城出張編」放送

2016年06月23日 15時46分

 テレビ東京系の深夜の人気ドラマ「孤独のグルメ」がこの夏、スペシャル版として放送されることが分かった。テレ東が23日、公式サイトで発表した。

 

「孤独のグルメ」はこれまで「Season5」まで放送され、深夜の時間帯にもかかわらず5%前後の高視聴率をマークし、DVDボックスも発売されている。

 

 松重豊(53)が扮する雑貨輸入商「井之頭五郎」が仕事の合間に、空腹と本能に従って食事をする様子が人気を呼んでおり、数々の料理をたいらげる五郎の姿は「夜食テロ」の異名を持つが、今回のスペシャルドラマは「孤独のグルメスペシャル! 東北・宮城出張編」(仮)と題され、宮城へ出張した五郎が仙台市と牡鹿郡女川町を訪れる。すでに撮影は終了し、現地の名物料理に舌つづみを打ったという。

 

 同ドラマは今年の元日に「お正月スペシャル~真冬の北海道・旭川出張編」が放送され、好評を博した。

 

 松重は「今回の舞台である宮城の三陸に、僕は震災後初めて足を踏み入れたのですが、本当に生々しい傷跡がまだ残っていて、その場所で暮らしている人たちがいます。その人たちが作ってくれた料理は本当においしかったです」と、被災地でのロケに感慨もひとしおだったようで、「ドラマを見てちょっとでも興味をもったら、足を延ばして食べに来ていただけたらうれしいです」と、復興への思いをコメントしている。