KAT-TUN田中聖“おネエ恐怖症”に

2012年11月21日 10時55分

 ひそかに「ニューハーフ好き」で通っていたKAT―TUN田中聖(27)が一転、“おネエ恐怖症”になってしまったようだ。

 田中は10月下旬、関東近郊の廃校で行われたフジテレビ系バラエティー番組「爆笑!大日本アカン警察秋の2時間SP」(18日放送)のロケに参加。イケメン芸能人がタレント、一般人混成おネエ集団に追い掛けられ、捕まったらキスされるというコーナー企画で「天下のジャニーズですから、あれ、どこまでオンエアできるか分からないけど、スゴい“絵”でしたよ」とは番組関係者だ。

「田中さんは中盤で捕まり、おネエ15人ぐらいからキス攻めにされるハメに。ただ頬や顔にですけどね。キレイな人もいたので、最初は彼もバラエティーのノリでキャ~キャ~言ってたんですが、そんな中、ある一般人おネエが口にブチュ~ッとやっちゃったんですよ」

 それまでは気味悪がりながらも和やかだった表情がサッと変わり、田中は「俺ジャニーズなんだけど! どうして、どうしてッ!」とマジギレしてしまったという。

「そういや、そのキスしたおネエさん、田中さんが来た時はすごくうれしそうで、ロケ中も一人熱心でしたね。見た目30代で小太りの、オバサンみたいな方でした」(同)

“ゲイの聖地”東京・新宿2丁目の飲食店関係者によると「前に田中とエッチしたことがあるニューハーフのお客が言ってたけど、彼ってニューハーフ好きなんですって。ちなみにアレも18センチの上反りでなかなか立派だとか(笑い)」とのこと。ただ3年前には、過去のエッチ相手の生々しい告白が週刊誌に載り、彼女は実はニューハーフだったことも誌面で初告白した。そんな苦い経験がある以上、今度はカメラが回っている公衆の面前で、中年おネエに唇を奪われたのだから、激怒するのも無理はない。