キンコン西野がツイッターで「炎上で落ち込まない方法」披露

2016年06月17日 17時34分

西野亮廣

 お笑いコンビ「キングコング」西野亮廣(35)が17日、ツイッターで“炎上で落ち込む人へのアドバイス”を書き込んだ。

 西野といえば、SNS上での“ホンネすぎる意見”が炎上することで有名で、2015年は放送作家の鈴木おさむ氏(46)の著書をディスるツイートで物議を醸すなど、騒動を連発。これも一因だったのか、同年10月に「飽きちゃった」などを理由に自身のツイッターを閉鎖した。

 今月に入って、インフォメーション用として「キンコン西野 6/24 独演会in福岡」のアカウントでツイッターを再開したが、あくまでテレビや舞台出演などの告知の文章がほとんどで、“過激”なツイートは見られなかった。

 ところが17日、以下のような文章で“私見”を披露した。

「一度や二度の炎上で、気持ちが折れてしまう人へ、これまで847回炎上してきた私からアドバイスをさせていただくと、『もっと炎上して、燃えている状態をスタンダードにしなさい』です。

我々、炎上業界ではこれを『暖炉の境地』と呼ぶのですが、こうなると次は燃えていない日が不安になります。」

 前後のツイートは24日の福岡での独演会がらみのものが多く、なぜ突然「炎上」をテーマにしたツイートをアップさせたのか定かではない。“炎上王”としてそろそろ血がうずきだしたのか、それとも西野一流の“釣り”か?