マクドナルドの“神”サービス「フリーWi―Fi」に期待と不安

2016年06月14日 19時36分

新サービスが注目されるマクドナルド

 日本マクドナルドは13日、公式サイトで店舗で無料利用できる無線LANサービス「マクドナルドFREE Wi―Fi」の導入を発表。このサービスにネット上では様々な意見が飛び交っている。

 

「マクドナルドFREE Wi―Fi」は20日から都内150店舗で導入が開始され、7月末までに全国の約1500店舗へ拡大予定だという。7月以降もさらに広めていく構想もある。

 

 接続時間の制限については、60分連続使用後、10分間は接続できないがその後は再び60分間使用できる仕組みで、インターバルを挟めば何度でも使えるのだ。接続方法も自身のEメールアドレスやSNSアカウントでログインすることで、簡単に利用できる。

 

“神対応”ともいえるサービスだけに、普段はマクドナルドに対して辛口のネットユーザーから「ファストフードでこれはすごい」「これマジか見直したで」「叩いてたやつマックに土下座しろマックは神」など称賛の声が続々と上がっている。

 

 しかし、あまりの快適サービスに懸念を抱く人もいるようで「ただでさえ低い店の回転落ちない?」「何時間でもへばりつくやつ出そう」「コーヒーで3日間粘るやで~」「住み着くやついそうじゃね?」と客の長居や“住み込み”を心配する声も相次いでいる。

 

 この点をマクドナルド広報担当者に聞くと「事前にテストを行ったところ、そんなに長居するお客様はいらっしゃいませんでした。ですから、その点は懸念しておりません」とコメントした。

 

 これを機に「負け組」ともやゆされるファストフード界の巨人の反撃が始まるか注目だ。