幸せ絶頂・平愛梨 どん底・ファンキー加藤の映画初日あいさつ舞台裏を報告

2016年06月12日 16時38分

平愛梨

 女優・平愛梨(31)が12日、自身のブログを更新し、前日(11日)に都内で行われた映画「サブイボマスク」の初日舞台あいさつで、ダブル不倫騒動の渦中にある元「ファンキーモンキーベイビーズ」のファンキー加藤(37)が控室で共演者やスタッフに謝罪し続けていたことを報告した。

 サッカー日本代表DF長友佑都(29=インテル)との交際を発表したばかりの平と、お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣(40)の元妻を妊娠させ、ダブル不倫関係にあったことを認めたばかりの加藤。そんな2人が共演した「サブイボマスク」だが、平は「ある意味話題!などと色んなことを言われてましたが私達、共演者は何もかわりません!」とつづった。

 続けて、加藤の様子を「加藤さんは現場に着くなりそれぞれの控え室にご挨拶 視点も合わさず凍りついたようなこわばる加藤さんの姿、見ていられない程でした」と報告した。

 さらに「映画公開に合わせPR活動されてる加藤さん、ずっと謝り続けてる。そんな加藤さんを監督、共演者、スタッフさんは誰も責めないし、皆んなで守ろう!と これは加藤さんの人柄だと思います」とつづり、「サブイボマスク」の関係者全員で加藤を守っていくと誓った。