ファンキー加藤不倫のおかげ…同僚芸人「ベッキーネタ」解禁

2016年06月09日 05時30分

イベントに登場したヒロシ(左)とスギちゃん

“新ゲス”ファンキー加藤(37)のおかげで、ベッキーネタ全面解禁へ――。「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(27)との不倫騒動→休業からの本格復帰を目指すも、足踏み状態のベッキー(32)に新展開だ。稼ぎ頭のスキャンダルで“大ピンチ”といわれていた「サンミュージック」が、所属するお笑い芸人に“ベッキーネタ”を解禁、さらに当のベッキー自身もネタにしそうな雰囲気になってきた。芸能界“不倫ブーム”の新主役に加藤が躍り出た今、巻き返しへ絶好のチャンスが到来した。

“ゲス不倫騒動”で約3か月にわたって芸能活動を休止していたベッキーは、5月13日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で、約3か月半ぶりにテレビ復帰。今月10日にBSスカパーの音楽番組の収録に参加する予定だが、相変わらず地上波のレギュラー番組への復帰は未定のままだ。

 本紙既報通り、ベッキーが復帰した先月の「金スマ」が“独占告白”番組と化したことで、TBS以外のテレビ局から反感を買ってしまった。そのせいで日本テレビ、フジテレビ、テレビ朝日のレギュラー番組はメンツを潰された格好となった。

「ベッキーサイドは本格復帰する時期を7月あたりに設定していたが、かなり難しくなった。しかも『金スマ』の収録が、川谷の妻への直接謝罪の前に行われたことが発覚し、イメージは悪くなった。本格復帰は、もう少し先になるのでは」(テレビ局関係者)

 こうした中、同事務所所属の芸人が、一時はタブーだった“ベッキーネタ”を解禁し始めている。スギちゃん(42)とヒロシ(44)は7日、都内で映画「オデッセイ」のブルーレイ&DVD(発売中)ヒット記念イベントに出席して早速、笑いを取った。

 スギちゃんは「サンミュージックの芸人を2人呼んでいただき、ありがたい。今、お金がいるので」と苦笑い。「ベッキーさんが休業していたから、ヒロシも休業していると思われたんじゃないの?」とも。

 スギちゃんといえば、先日のイベントで「ベッキーさんは『不倫しちゃったぜ、ワイルドだろぉ』の一発ギャグでR―1ぐらんぷりに出場したらいいぜ」と言いたい放題だった。

 ところが、この日は「記事にしてもらいたいので思い切ったことを言ったが、後になって怖くなった。『ワイルドだろぉ』は気に入らないなら、別に言わなくてもいいです」と申し訳なさそう。

 スギちゃんが登場した過去のイベントでは、思わせぶりな宣伝文句もマスコミ各社にリリースされた。ゲームのアフレコ収録の取材案内文に「スギちゃんと言えば、サンミュージックの所属」「話題のあの人を語ってくれるかも」などと書かれていた。そこで出た発言が前出の「『不倫しちゃったぜ、ワイルドだろぉ』と言えばいい」だった。

 そのスギちゃんは、新たな“ゲス不倫”のファンキー加藤と、お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣(40)の元妻との騒動について「複雑すぎて私たちには、もう分からんですよ。サンミュージックはクリーンな事務所なので、そんなこと昔から全くないし」と笑わせた。

 他の芸人でも、映画のPR会見に出席した「髭男爵」の山田ルイ53世(41)は「事務所的には今がどん底」と自虐ネタ。最近ブレークしているメイプル超合金のカズレーザー(31)も「(ベッキーと)やる仕事のタイプが違うので、代わりにはなるわけない。マネジャーも『お前らが頑張っても、どうなる問題でもない』と言っているくらい」とベッキーネタを解禁した。

 サンミュージックには他にもダンディ坂野(49)、小島よしお(35)、鳥居みゆき(35)ら一発屋がズラリと並ぶ。この芸人たちが一斉にベッキーネタで笑いを取れる全面解禁は、もう目前だ。

「一発屋は知名度だけはあるから、所属芸人がみんなでベッキーネタをやれば仕事が増えるのでは。小島のギャグで『不倫したけど、そんなの関係ねえ!』、ヒロシも『ベッキーです。不倫してしまったとです』とやれる」(イベント関係者)

 所属事務所の一発屋たちがベッキーネタで本格復帰を後押しできるか。