【小金井刺傷事件】冨田真由さん意識回復

2016年06月08日 10時46分

 東京都小金井市で音楽活動をしていた女性が刺され重体となった事件で、被害者の私立大3年生冨田真由さん(20)が意識を回復したことが7日、分かった。3日に意識を回復し、危篤状態を脱していたという。

 冨田さんの意識回復は捜査関係者への取材で判明した。首や背中など刺されたのは30か所とみられるが、一部報道によると内臓の損傷はなかったという。心身への負担がなく会話ができる状態になれば、警察から事情を聴かれることになる。

 事件は5月21日午後5時すぎ、小金井市のライブハウスが入る建物で発生。音楽活動をしていた冨田さんはイベント出演前、待ち伏せていた自称ファンの岩埼友宏容疑者(27)に襲われ、意識不明の重体に陥った。

ピックアップ