• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 森下くるみが見たAV界の“今”


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

森下くるみが見たAV界の“今”


ページ: 1 2

  AV全盛期にデビューし、カリスマ的人気を誇った森下くるみ(33)が主演映画「死んでもいいの 百年恋して」(12月8日公開)で体当たりの演技を見せた。今やAV女優として年間2000〜3000人もの女性がデビューする時代。元・芸能人のデビューも当たり前になり、アイドルグループまで生まれている。元カリスマ女優の目にはAV界の“今”はどのように映っているのか?

YouTube Preview Image

 心と体を刺激する恋愛映画に人妻・祐加役で初主演した森下。元人気AV女優の範田紗々(27)や下條アトム(65)らが共演者として脇を固める。「改めてもう30歳代かと感慨深い思いでしたよね。今回も主婦の役だし、母親役とかすごく多いんです」(森下)

 ここ数年、AV女優が“女優”として活躍するケースが増えている。森下がAV女優としてデビューした90年代当時はどうだったのか?

「なかったですね。演技が上手な方はたくさんいましたけど、映画に出ている人はごくわずかで、脱ぎ要員だった。今も脱ぐことは多いと思いますけど、頑張ってほしい」

 素直に応援する言葉を語る森下だが、AV女優という存在の変化にも気づいているという。

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!