田村芽実 大「めいめい」コールの中「アンジュルム」卒業

2016年05月30日 21時00分

田村芽実(中央)

 アイドルグループ「アンジュルム」(リーダー・和田彩花=21)が30日、東京・千代田区の日本武道館でコンサートツアー2016春ファイナル「『九位一体』~田村芽実卒業スペシャル~」を開催した。

 アンジュルム2期メンバー・田村芽実(17)が、ついに卒業の日を迎えた。

 ライブ始めのMCでは「世界中のどこよりも幸せの空間をお届けします」と意気込んだが、その言葉通り、全国19か所の劇場に加えて、台湾と香港の劇場でもライブビューイングが行われた。

 ライブは新シングル「次々続々」でスタート。グループ改名前のスマイレージ時代の「夢見る15歳」「有頂天LOVE」なども披露した。ライブ中盤の曲「交差点」では、思わず田村や和田が涙ぐむシーンもあった。

 アンコール前には1万人のファンが田村に向けて「めいめい!」「めいめい!」の大コール。武道館はイメージカラーである「紫」のサイリウム一色となった。

 その声援に応じて、再び登場した田村は思い出曲「自転車チリリン」を歌う。その後に行われた卒業セレモニーでは「一人前の表現者になって帰ってきます。必ず深みのある人間になってステージに戻ってくると、皆さんと約束させてください」と最後の手紙を読み上げ、決意を語った。

 最後は「友よ」で締めくくり、田村は在籍1752日目でグループでの活動を終えた。