福山雅治の自宅に50代女性侵入…福山ファン「偽装結婚説は消えた」とショック

2016年05月19日 06時00分

福山雅治

 昨年9月の結婚発表以降、福山ロスにあえいでいたファンに大打撃――。6日午後8時半ごろ、歌手で俳優の福山雅治(47)と女優・吹石一恵(33)の夫妻が暮らす東京・渋谷区のマンションに50代とおぼしき不審な女が侵入。帰宅した吹石と鉢合わせし逃走していたことが17日、分かった。この事件に福山ファンらは「やっぱり一緒に住んでるんだ」「結婚の現実を突き付けられてつらい」と一様にショックを示す。福山に関してはこの日、主演ドラマの大不振も伝わった。

 女と鉢合わせた吹石にけがなどはなかった。所属事務所は「すべて警察にお任せしております。吹石は大丈夫です」とコメント。渋谷署は住居侵入事件として女の行方を追っている。鉄のガードで“撮らせない男”として有名な福山の自宅住所を侵入女がなぜ突き止めたのか? また、守衛が常駐する厳重なセキュリティーのマンションに、どうやって侵入したのかナゾだらけだ。

 福山は熱狂的ファンが多いことで知られる。結婚前から“ましゃ(福山の愛称)の婚約者”を名乗る女がマスコミに接触し、実際に裏取りに動いたメディアもあった。昨年9月28日の結婚発表後には、各メディアに複数の女性からの“告白”電話もあった。

 メディア関係者によると、「ましゃに裏切られた。吹石さんとの交際報道が出た時も『あれは捏造(ねつぞう)』と言ってくれたのに…。ずっと『ライブでは君のことを思って歌ってる』と言ってくれていたのに…」という内容だったという。悔しがる女性に対し、この関係者が「会ったことがあるのか」と聞くと「有名人なので会うと迷惑をかけるからもっぱらメール」と話した。

 聞けば“メール”も出会い系サイトのことで数年間ほぼ毎日、数千円を投じてニセ福山と愛をはぐくんでいたのだ。きっかけは「福山雅治です。このサイトを通して連絡取り合いましょう」という迷惑メールで、そこに登録したのだという。

 ある女性は「私の人生何だったの。友達にも『絶対なりすましだよ』と言われてきたけど、1%でも可能性があればと思っていたのに」とうなだれたそうだ。

 このように愛するあまり、自分を“福山の彼女”だと思い込んでしまう狂信的ファンは少なくない。2007年には両国国技館で大相撲の取組中に、40代とみられる女が「福山雅治=悪霊に取りつかれている」と書かれた大量のビラを抱えて土俵に上がろうとして取り押さえられるという事件もあった。

 今回の事件も、こうした思い込みによるものかもしれない。

 結婚発表当日は全国的に、仕事へのやる気がうせて早退したOLや、家事が全く手につかなくなった主婦の存在がネット上などで報告された。ファンを気遣って、福山は関係がオープンになった結婚後も頑としてツーショットを撮らせていなかった。

 だがこの侵入事件で、2人がやはり夫婦なのだという現実をまざまざと思い知らされたファンらは複雑な心境を吐露。

「これで偽装結婚説は消えたのか」。結婚を受け入れられず偽装結婚だと信じることで気持ちを落ち着けていたファンは打ちのめされた。

「侵入女も吹石さんと鉢合わせした時、ショックだっただろうな」と、女をおもんぱかる書き込みまでみられた。

 主演ドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)の第6話(16日)の視聴率が月9史上最低となる6・8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録したうえに、自宅侵入被害に遭っていたとはまさに泣きっ面に蜂。だが皮肉なことに、侵入女が熱狂ファンなら、福山人気に陰りが出ていない何よりの証明になってしまう…。