【ゴールデン・バード賞】“地下アイドル”快挙!スチームガールズが新人賞受賞

2012年11月12日 11時03分

 2012年11月11日、ホテルニューオータニで「第1回ゴールデン・バード賞授賞式」が行われた。「1年を通して、メディアを通じて元気・勇気を与えた人」という選考基準で俳優・塩谷瞬、女優・水崎綾女、女優・仁科仁美、モデル・中村アン、姫井由美子参議院議員、野球評論家・野村克也氏(野村沙知代氏が代理受賞)、森澤義人氏(株式会社ナチュレホールディングス代表取締役)が選ばれた。また、今後の活躍が期待される新人賞はアイドルユニット「スチームガールズ」(新矢皐月、亀田伶央奈、川村虹花、桜雪、佐倉梨杏、神谷えりな、月宮かれん、小柳朋恵、黒瀬サラ、黒瀬サラ)、福間文音、中澤逹也が受賞した。

 塩谷は一連の騒動による露出が含まれていたが、それには触れず壇上で「大変光栄な賞を頂いて感謝しております」とあいさつし、「俳優という職業は、僕が苦手だったことを一つひとつ克服させる試練を頂いているんだなと実感しております」と俳優論を述べた。

 新人賞のスチームガールズは、いつも通りのガスマスクを着用し登壇。メンバーの桜雪が「現役東大生」と自己紹介すると会場からは感嘆の声が上がった。

YouTube Preview Image
 式後、壇上でのライブにも登場しパフォーマンスを披露。デビューしてから日も浅く、ライブ活動中心の“地下アイドル”として快挙を成し遂げた格好だが、スチームガールズのメンバーはそれぞれ「まさか賞を取れるなんて…まだ実感がわきません」と声を揃えた。

 

 リーダー・新矢皐月は「新人賞が取れて(アリスプロジェクトの先輩ユニットの)アリス十番にちょっとでも近づくことができたかなと思います。自信もありますが、『賞に恥じないよう今後も頑張らなきゃいけない』といういい意味でのプレッシャーもあります。先輩(アリス十番)について行きたいのですが、必ず最後にはスチームガールズが追い越したいです」と下克上を誓った。

 

ガスマスク女子集団「スチームガールズ」がデビュー

秋葉原にアリス十番、スチームガールズらの常設劇場12・31オープン