高樹沙耶氏が参院選出馬表明 政策は「大麻合法化」

2016年05月10日 13時27分

新党改革の荒井広幸参院議員(右)とガッチリ握手を交わす高樹沙耶氏

 女優でナチュラリストの高樹沙耶氏(52)が10日、今夏の参院選に新党改革から東京選挙区で出馬することを正式表明した。最近は益戸育江の名前で活動していたが、選挙では世間に浸透している芸名を使う。高樹氏は「医療用大麻の推進を訴えていきたい」と持論の大麻合法化をメーンの政策とした。

 

 2011年にテレビドラマを降板して以来、千葉県南房総市や沖縄県石垣島に住んで、エコロジーな生活を実践してきた。なかでも医療用大麻解禁に向けた運動に取り組んできたことで知られている。

 

「日本の法律は厳しい。麻薬と誤解を受けている。(新党改革の)荒井広幸代表(57)に相談したら、荒井氏も立ち上がってくれた」(高樹氏)

 

 この縁で荒井氏から参院選への出馬が打診され、大麻合法化の議論が広まるならと立候補を決意した。とはいえ、大麻といえば麻薬のイメージが強すぎる。高樹氏も「おかげさまで、誹謗中傷を受けてきた」とこぼす。

 

 高樹氏は一体、大麻をどうしたいというのか。「医療用大麻は世界で使われているが、我が国では研究すら厳しい。自然の生薬で健康に資するなら、ただちに使った方がいいと思う。250の疾患に効くといわれ、例えば認知症やがん、リウマチ、神経系に効くと立証されています」(高樹氏)

 

 注目を浴びる候補者になりそうだ。