栗田恵美 ベッキー目標もDAIGOに止められる

2012年11月09日 18時00分

「日テレジェニック2012」に輝いたタレントの栗田恵美(18)が先日、都内でファーストDVD「ほほえみHeart」(リバプール)の発売記念イベント開催。終了後、東スポWebの取材に答えた。

 

 現役高校生の栗田は、かつての小倉優子と彷彿とさせる甘いロリフェースで人気急上昇中。ファーストDVDは今年7月、日テレジェニック受賞後に沖縄で撮影され「高校生なのでスクール水着や制服を着ました」とフレッシュな魅力を活かした内容。妹キャラも生きたメイド姿も見逃せない。

 

「緊張というドキドキ感」と振り返った作品の出来栄えは55点と少々辛め。「まだまだだなと思うところがたくさんあった。あと私、日によって顔の調子が変わって、DVDの時はちょっと調子が悪かったかも。むくみやすいんです」とかわいさを100%発揮できなかったのがその理由だ。

 

 先日はドラマの撮影に初参加。「グラビアはもちろん、ジャンルを絞らずドラマ、バラエティーにも挑戦したい」とマルチタレントが目標だ。芸能界であこがれの存在に挙げるのがベッキー(28)だ。ベッキーの著書も愛読しており「ベッキーさんは心から綺麗なんです。生き方とか考え方とか好き」と熱弁する。

 

 ベッキーといえばスタッフ受けもよく「嫌いな人がいない。なぜなら、みんな良い所を持っているから」「つらくても笑顔。悲しくても笑顔。苦しくても笑顔。…たまに一人で涙」などの名言もある芸能界の“完璧超人”。実際「事務所の先輩のDAIGOさんには『目標が高いから止めた方がいい』と言われてます」とストップがかかるも、目標を変えるつもりはない。「目標は高いと周りから言われてもできると思っちゃう。自分を信じてます」。ポジティブシンキングの18歳は甘い声に力を込めて、決意を語っていた。