相武紗季は“脱ぎ損”? ドラマで大胆濡れ場熱演しても視聴率低迷

2016年04月30日 06時00分

“脱ぎ損”?の相武紗季

 女優・相武紗季(30)のお色気路線が加速度を増していると評判だ。4~7月クールの新ドラマ「僕のヤバイ妻」(火曜午後10時、フジテレビ系)で、主演の伊藤英明(40)を相手に愛人役を熱演。大胆な濡れ場が好評だが、いかんせん、今のフジテレビだけに視聴率は低迷し、関係者からは「これではせっかくの演技が“脱ぎ損”。相武がかわいそう」との声が上がっている。

 相武が演じるのは、職場のカフェオーナー役の伊藤を丸め込み、その妻(木村佳乃)を殺害しようとする愛人役。

「相武は濡れ場を披露した昨年2~3月放送の『硝子の葦』(WOWOW)が話題になりましたが、今回はさらにエロかったですよ。地上波ドラマで、正常位合体し、相武が悩ましいあえぎ声をあげて果てるんです。ヌードこそないものの、キャミソール姿で男の体を求める演技は生ツバもの。かつての相武ファンにしてみれば、完全な“オカズ・タイム”になっていたはずですよ」(ドラマ関係者)

 低迷するフジとしてはなんとしてもドラマの視聴率を盛り返したい。そのための“エロ路線”要員として白羽の矢を立てたのが相武だった。相武は6年にわたって交際していたTOKIO長瀬智也(37)と2013年秋に破局。その直前には休業して5か月間の米国留学も経験した。

「フジは放送コードギリギリのラインで勝負してきた。当初は今回の濡れ場に関し、局内にもかなり否定的な意見があったそうです。だが、視聴率が取れず、広告収入が下げ止まらないフジは、そんなことは言っていられない。相武を拝み倒して濡れ場を演じてもらったそうです」(関係者)
 ところが、せっかくの相武の濡れ場も功を奏さなかった。

「視聴率がとんでもないことになってしまった。19日の初回を2時間スペシャルにしたにもかかわらず、8・3%。第2話はさらに落とし7・7%。相武の濡れ場が話題になり、視聴率は大幅アップ…と見込んでいた関係者はガックリ肩を落としてます。今後さらに下がれば、打ち切りの可能性も出てくる。相武は完全な“脱ぎ損”だったといわれていますよ」(関係者)

 一方、制作サイドはこの結果にもめげず、相武のベッドシーンを連発する方針だという。

「今後の展開で相武には、探偵役として登場する宮迫博之を誘惑し、そこでも関係を持つシーンが用意されています。ずる賢い愛人役だけに、濡れ場は最低1話1回は登場する予定ですが、それも視聴率がそこそこあって成立する話。何とか数字を上げて、さらに過激なベッドシーンを相武にお願いしたい。女優の価値を落とさないよう、スタッフは頭を悩ませています」(制作関係者)

 果たして、挽回できるか。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)