大河ドラマ「真田丸」 歴史ファンの批判受けNHKトップの“現場介入”浮上

2016年04月20日 06時00分

きり役として注目を集める長澤まさみ

 好調ながらも一抹の不安? 17日の第15話「秀吉」も18・3%と高視聴率を記録し、スタートから安定した数字を示している堺雅人(42)主演のNHK大河ドラマ「真田丸」。だが、ここにきてNHKには“歴女”を中心とした批判の声が殺到し始めているという。局トップによる現場の“介入”もささやかれているというから、穏やかではない。

 豊臣秀吉役に小日向文世(62)、秀吉が好意を抱く茶々に竹内結子(36)、石田三成には山本耕史(39)、大谷吉継に片岡愛之助(44)と豪華キャストをそろえ大坂に舞台を移した「真田丸」。「やはり数字がいいと違いますね。タレントさんの差し入れ合戦などがよく言われていますが、みんなが率先して持ってくるという感じ。誰もが現場を楽しみにしているといった雰囲気」とは芸能プロ関係者。

 ただ、話題になるにつれて、ネット上では堺演じる真田幸村の幼なじみ・きり役の長澤まさみ(28)のしゃべり方がウザいなど、ここにきて演出への風当たりが強くなっているのも事実だ。

 歴史ファン以外からは「戦国時代のホームドラマ」としてまずまずの評価を受けているものの、歴女たちの目は厳しい。

「上杉景勝と人質の信繁(幸村)が仲良く語り合うのはドラマである以上、目をつぶるとしても、局にはもっともっと細かい演出について批判が届くようになっています。史実を変えることはできませんので大きな脚色はしていませんが、町娘が飲み屋でワインを飲んでいたり、徳川家康が必要以上に優柔不断だったり。最近、歴女といわれる歴史ファンの女性も増えてきましたが、そういうファンからするとコメディー要素が強すぎるみたい。戦国時代を必死に生きた武将たちの緊張感が伝わってこないという気持ちがあるようです」(NHK関係者)

 歴女たちは脚本を手がけるヒットメーカー・三谷幸喜氏(54)の意向が見え隠れするシーンにかみついているようだ。

 この点についてはNHK・籾井勝人会長(73)が、当初から三谷氏の脚色が過剰にならないように現場サイドにそれとなく忠告してきた。

「問題ないだろうと思われていた演出にまでクレームが入るのは局としても想定外。しかし、大河ドラマの屋台骨を支えている歴史ファンの意見は無視できないのも事実。籾井会長も再び“監視”するしかないようで、それとなく現場に忠告はしているようです」(同)

 前作「花燃ゆ」が歴代最低タイの平均視聴率を記録しただけに「真田丸」にかかる期待は大きい。ただ、これまでの高視聴率は真田幸村という人気武将の起用とともに、三谷氏の脚本も要因の一つでもある。歴史ファンの声を大事にするか、そのサジ加減を間違っては致命傷になりかねない。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

関連タグ: