江頭2:50 被災地入り目撃情報も事務所は「否定」

2016年04月19日 12時46分

期待される江頭

 お笑い芸人の江頭2:50(50)が被災した熊本に支援物資を届け、ボランティア活動をしている――。

 

 そんな噂がSNSを中心に広まっている。

 

「江頭2:50が物資をもって熊本に向かってるそうだ かっけえ、まじ男の鏡だな がっぺかっけえ」

 

「江頭2:50と吉川晃司は熊本に着いただろうか」

 

 なかには17日にすでに熊本へ向けてトラックを発進させた、熊本で目撃したという情報も挙がっている。

 

 江頭は2011年3月11日の東日本大震災の際、原発事故で孤立化していた福島県いわき市に2トントラックを運転し駆けつけ、水、おむつ、ペーパータオルなどの支援物資を極秘で届けた。

 

 本人は公にするつもりはなかったが、ツイッターなどで話題となったのをきっかけに広まり、メディアにも報じられた。

 

 こうした過去の実績が期待感を高める。

 

 さらに「熊本やべぇな でも大丈夫 国よりも 政治家よりも 軍隊よりも 誰よりも先に 江頭2:50がやって来る!!」と渇望する声も。

 

 佐賀出身の九州男児・江頭は本当に被災地に入っているのか? 所属事務所に聞いてみた。

 

「熊本に行ったとは聞いてませんよ。今のところは被災地には行ってない思います」

 

 ただ被災地に入ってほしいとの声は「届いてます。承知してます」と含みをもたせた。

 

 果たしてヒーローとして参上するのか?