吉本解雇のイケメン芸人・北見 女グセの悪さで共演NG続出だった

2016年04月20日 10時00分

契約解除された「ベイビーギャング」の北見寛明

 所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーから15日付で契約解除されていたイケメン芸人の「ベイビーギャング」北見寛明(32)には、いただけないウワサも相次いでいた。

 裁判傍聴芸人の阿曽山大噴火(41)がラジオ番組で、道路交通法違反(無免許運転)で立件された北見の刑事裁判を傍聴したことを告白し発覚。しかも北見は、3年前にも同罪で立件されており、執行猶予中だったというから驚きだ。これら一連の事実を事務所に隠して芸能活動していたというから、もはやクビもやむを得ない。

 北見は「よしもと男前ランキング」で2014、15年と2年連続で3位を獲得。「EXILE」風のチョイ悪ルックスで2~3年前から女性人気を集め、プチブレークしていたが、ここ最近はテレビなどの露出が減っていた。

「派手な女性問題が数々ささやかれ、女優やグラドルが所属する事務所から共演NGに指定されていたと聞く。特に清純派の有名女優Hと親密との噂が業界内に拡散。他にも人気アイドルとの関係もささやかれた。よその事務所から共演NGが相次いで、露出の機会を失ったと言われています」(関係者)

 評判も芳しくなく、ある中堅芸人は「すれ違ってもあいさつしないことで知られていた。ちょうど名前が売れ始めていた時。勘違いしちゃったのか…。この業界ではあいさつは基本中の基本です」と話す。

 よしもと担当者によれば、相方・りんたろー(30)とは契約を継続するという。