関西テレビの中継車 大ひんしゅくの「被災地給油割り込み騒動」を追跡

2016年04月19日 16時00分

 関西テレビは18日、九州で発生している地震の取材に当たっていた中継車が17日午前7時45分ごろ、熊本県菊陽町津久礼のガソリンスタンドで給油待ちしていた車の列に割り込み、給油していたことが分かったと発表した。ホームページに「被災地の皆様が多大な労力を割いておられるなかで、あってはならない行為でした」などとおわびを掲載。どんな状況だったのか。

 同社によると、17日午後、ツイッター上で「ガソリン入れるために朝早くからたくさんの人が並んでたのに横入りされた。テレビ局だからいいんですか?」などの書き込みを社員が発見。現地スタッフに事実関係を確認し判明した。中継車は全長5・1メートルで社員やスタッフら5人が乗車していた。熊本市北区の宿泊所から益城町保健福祉センターに向かう途中で「ガソリンがタンクの半分以下で、早急な給油の必要があった」(スタッフ)。

 中央分離帯を挟んだ反対車線側にセルフ式のスタンドを発見。給油待ちの車が、中継車の進行方向とは逆向きに列を作っていた。中継車は一度そこを通り過ぎた後、次の交差点を右折。その先が広くなっていたためUターンして戻り、先ほどの交差点を左折して列に入ったところ、割り込みを指摘された。

 当時、スタンドを先頭に交差点の信号機までに10台ほど、交差点をはさんで後方に10~15台ほどの車が給油待ちしており、中継車は前方の約10台の後ろに割り込んだ形となった。同車側に「混んでいるな」という認識はあったという。

 ドライバーらが車内から頭を下げたが後ろに並び直すことはなく、そのまま給油を済ませて、取材先に向かった。「本人は謝ったつもりでも、相手に伝わっていなければ十分な謝罪とはいえない」と同社は謝罪した。

 関西テレビ関係者は「割り込んで給油までしている以上、決して許される行為ではない」とした上で「早くスタンバイしたいという気持ちが勝って、明らかな判断ミスをしてしまった」と話す。

 同社は夕方の報道番組「みんなのニュース ワンダー」内で、岡安譲アナウンサー(41)が「今回の熊本地震の取材に当たっていた関西テレビの中継車が、熊本県内のガソリンスタンドで給油待ちをしていた車の列に割り込み、そのまま給油しました。現場で給油をお待ちになられていた皆様に大変なご迷惑をお掛けしましたこと、また、多くの皆様に不快な思いをさせてしまったことにつきまして、深くおわび申し上げます」と謝罪した。