がん告白のはんにゃ・川島 体の不安一掃され晴れて挙式

2016年04月18日 16時44分

「はんにゃ」の川島章良

 お笑いコンビ「はんにゃ」の川島章良(34)が17日に都内で挙式していたことが18日、本紙の取材でわかった。

 川島は2015年2月に友人の紹介で知り合った24歳(当時)の一般女性と入籍したが、妊娠5か月だったこともあって、挙式・披露宴は行っていなかった。

 同年6月には妻が第1子を都内の自宅で緊急出産したことが話題になった。早朝に妻から起こされた川島は、119番につながった電話を手渡され、救急隊員とやりとりの最中に破水。「やばい、頭が…」と妻が言葉を発するなか、破水から15分後に自宅のトイレで無事に出産。川島はこのときの詳細な様子を、赤ちゃんの人形を使いながらテレビ番組で報告している。

 また、4日放送のバラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)で、2014年11月に腎臓がんと診断され、手術を受けていたことを告白。結婚を控えて受けた健康診断で発覚したといい、妻から「赤ちゃんが、がんを見つけてくれたんだよ」と諭され、気持ちが楽になったと当時を振り返っている。

 今年1月の再検査で再発していないことを確認。体の不安が一掃されたことで、晴れて挙式を行った川島。心機一転の活躍が期待される。