ふかわりょう 岡本夏生とのガチトークバトルを生謝罪「戦場でした」

2016年04月12日 17時56分

岡本夏生

 タレントのふかわりょう(41)が12日、レギュラー番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演してタレント・岡本夏生(50)とのトークイベント「ふかわと夏生のガチンコ・スプリング~ガチハル!~」の11日の舞台での醜態を生謝罪した。

 

 3月29日に同番組を電撃降板した後、音信不通となり“失踪”していた岡本が11日、都内で行われたトークイベントに姿を現したが、逆ギレの罵詈(ばり)雑言のオンパレードだった。客からはブーイングも発生。

 

 騒動を伝える記事を紹介したふかわは、「申し訳ありませんでした。彼女の理屈としては、本当に信じていれば心配しないはずだ、と言ってましたが、生きていて良かったというところから(トークライブが)始まりました。最初の10分は穏やかだったのですが、あとの2時間は戦場でした。NATOに頼むしかないと思いました」と頭を下げる。

 

 さらに途中退出した一部の観客に謝罪。

 

 またイベントに、シークレットゲストとして出演するはずだった同番組レギュラーの作家・岩下尚史氏にもわびた。

 

 生出演した岩下氏は「あんな舞台は初めて。保健所に電話しようかと思った」と、あまりの舌戦に登壇をあきらめたという。

 

「戦場にお呼びするわけにはいかなかった。お引取り願いました」とふかわは平身低頭だ。

 

 12日のイベントゲストは女優の美保純(55)、内藤聡子アナウンサー(41)、タレントの平野ノラ(37)。

 

 13日はタレントの上田まりえ(29)と平野が務めることも発表した。