五木ひろしと強力タッグの石原慎太郎氏「大ヒット間違いなし!」

2016年04月12日 17時40分

石原慎太郎氏(左)と五木ひろし

 歌手・五木ひろし(68)が12日、東京・港区の品川プリンスホテルで新曲「思い出の川/九頭竜川」の発表会を行った。

「芥川賞作家×歌謡界トップ」の最強タッグが実現した。作詞は石原慎太郎元東京都知事(83)、作曲は五木が担当。石原氏は25年ぶりの作詞挑戦となるという。発表会では五木と石原元都知事のトークショーも行われた。

 この曲を作るきっかけについて五木は「たまたまレストランでお久しぶりに石原先生とばったりお会いしたんです。奇跡の出会いでした。それで歌の話になったんです」と明かす。

 石原氏は「五木君には恩があるんだよ。三宅島大災害(2000年)の時、被災者を励ます歌を作ってもらったんだ」と話し、「五木君は歌はうまいと思っていたけど、作曲もここまでうまいとは思わなかった」と観客の笑いを誘った。

 作詞に込められた意味について石原氏は「私ももうすぐ死ぬんだけどね、昔のことばっかり思い出すんだ。情けないねえ」と自虐ジョーク。最後は「僕が作詞して、五木君が作曲したんだから大ヒット間違いないね」と自信満々だった。