スマホ世代「PC持ってない」「CD買ったことがない」驚きの実態

2016年04月13日 06時00分

今やパソコンよりもスマホ?

 スマートフォンからのインターネット利用人口が、昨年5000万人を超えたとニールセン社が発表した。今や若年層では、パソコンよりスマホでネットにアクセスする者が多くなっているが、近年はパソコンを持たない大学生も増えているという。時代が変われば常識も変わる。浮かんでくるのは、驚きのジェネレーションギャップの数々だ。

 同社が発表したリポート「Digital Trends 2015」によれば、昨年7~9月の3か月の平均で5080万人がスマホからネットを利用。2年前の同期から1・5倍に利用者を伸ばした。

 同リポートでは、45歳未満の世代はパソコンよりスマホでネット利用する人が多いと伝えている。この傾向は昨年総務省が発表した「通信利用動向調査」でも明らかに。14年末の時点で、40歳未満ではパソコンよりスマホでのネットアクセスが多いという結果が出ている。総務省の同調査では13年末から14年末で、パソコンの世帯保有率が81・7%から78・0%に下がっていることも判明。内閣府が13年末に行った「わが国と諸外国の若者の意識に関する調査」では、10代20代の若者でノートパソコンを保有しているのは60・5%、デスクトップは24・4%と欧米に比べてはるかに低い数値だった。

 某国立大学の30代の男性助教は「最近入ってくる学生は、一人暮らしだとパソコンを持っていない人も多い。家庭の経済状況が厳しく、貸与の奨学金を利用する学生も増えているので『パソコンより炊飯器や電子レンジを優先せざるを得ない』という子もいる。ただ単純に必要性を感じておらず『予測変換やフリック入力がないから、パソコンだと文章を書くのが面倒くさい』と言う学生もいるので驚かされる」と話す。

 リポートなどは大学に設置されているパソコンを利用。他はすべてスマホで事足りるというわけだ。「今は大学に入るまで、メールを送ったことがないという子もたくさんいる。初めて持った携帯電話がスマホで、友達や家族とはLINEやツイッターなどでやりとりする。だからメールを送る必要を感じたことがないそうだ」(前出の助教)

 スマホやネット文化の浸透により、消費行動にも如実に変化が出ているようだ。

「最近は、生まれてから一度もCDを買ったことがないという学生も多い。そもそも家にCDを聞く機器がないらしく、ラジカセなどという言葉自体が数年後には死語になるのかもしれない。あとはマンガ以外の雑誌を買ったことがないという学生もたくさんいる。エロ本も読んだことがなく、公園などに落ちてすらいないらしい」(前同)

 埼玉県朝霞市で行方不明になった女子中学生が2年ぶりに保護された事件では、その女子生徒が公衆電話で通報したことで「現在の小学生の多くは公衆電話の使い方を知らない」とニュースなどで話題になった。

 ほんの数年前まで当たり前だったことが当たり前でなくなる。良くも悪くも今はそんな時代のようだ。