キンコン西野亮廣 東京五輪エンブレムの落選作品集めた「負けエンブレム展」開催発表

2016年04月11日 12時23分

「負けエンブレム展」を開催する西野
「負けエンブレム展」を開催する西野

 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(35)が、「東京五輪エンブレム」のコンペに落選した作品を集めて公開する「負けエンブレム展」を開催すると11日、自身のブログを更新して発表した。

 

 8日に発表された「東京五輪」エンブレムの最終候補4作品について西野は、「おそろしく無難なデザインばかり。おそらく皆様方と同意見だと思いますが『悪くもないが、良くもなくて、超ツマンナイ』です」と批判する。西野は自身が制作したエンブレム「和衷共同」をコンペに出したが落選している。

 

「しかし、あれだけの人数に募集をかけて、あれだけの人数で選考したわけですから、『無難』という結論に至るのは当然といえば当然です」と認識。

 

 そこで公募に落選した作品を募集し、五輪エンブレムが最終決定する25日に公開するとした。

 

 気持ちを抑えるように西野は「もしかしたら、落選した作品の中に素晴らしいデザインがあったのではないか?」という疑問が残り、「コンペに参加したデザイナー・イラストレーターにチャンスを与えたくて、そして、あまりにもブラックボックスすぎる今回のコンペの質を知りたくて」と、「負けエンブレム展」の開催理由を説明。

 

「僕の独断と偏見で『この作品(この人)は世に出るべきだ!』という作品を選ばせていただきます。僕のブログは通常時で10万人ほど見られているので、それを『宣伝』としていただければと」などとまとめ、アピールした。

 

 詳しい参加方法などは西野のブログに掲載されている。

関連タグ:
 

ピックアップ