【ガールズアワード】加藤紗里「自信もつく」と整形に理解

2016年04月09日 20時18分

トークショーを行った加藤紗里
トークショーを行った加藤紗里

 6股疑惑が報じられた狩野英孝(34)と破局したモデルの加藤紗里(25)が、日本最大級のファッションイベント「ガールズアワード2016」(9日、東京・渋谷区の代々木第一体育館)の美容外科のブースでトークショーを行った。

 加藤は背中が開いた青色のセクシードレス姿で登場。左手薬指にはゴールドの指輪が光る。

 司会者から「(顔で)気になる部分」を聞かれると「わし鼻も治せるんですか? (整形)やりたい」と興味津々の様子。整形疑惑については「してません」と否定しながらも、「自信もつくし明るくなる。全然、いいと思います」と整形に理解を示した。

 騒動で疲れているのか「加藤さんのように人生を楽しんでらっしゃる…」という振りに、「楽しくはないですよ」とピシャリ。帰り際に報道陣から「狩野さんに(わし鼻整形のための)お金を出してもらう?」と突っ込まれると、「関わりないんで」と突っぱねた。

 また、6日にシングル「サイレントマジョリティー」でデビューしたアイドルグループ「欅坂46」はステージで同曲を含む3曲を披露した。

 発売初日(6日)に19万1000枚を売り上げ、HKT48の「スキ!スキ!スキップ!」(2013年3月)が持つ女性アーティストデビューシングル歴代1位記録(初週25万枚)の更新も視野に入っている。

 センターの平手友梨奈(14)は「まだまだ新人な私たちですが、一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします」と初々しくあいさつした。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ