芸人達の餌食になった「不倫」石井竜也

2016年03月22日 10時00分

思わぬ注目を浴びた石井竜也

 タレント・ベッキー(32)、落語家・桂文枝(72)…。今年は芸能人の不倫スキャンダルが続くなか、吉本興業所属のお笑い芸人の間では、新たに不倫が発覚した「米米CLUB」石井竜也(56)のネタが大流行し始めている。さまざまな事情があってイジりにくいベッキー、文枝に比べ、石井は「遠慮なくネタにできる」というのだ。

 石井は今月11日、宮城県石巻市で行われた東日本大震災追悼法要で献歌をささげた後、仙台市のホテルで30歳年下の女性と密会したと17日発売の「女性セブン」に報じられた。

 これに対し石井は、発売前日の16日夜、公式HPで妻と娘、ファンやスタッフに対する長文の謝罪文を掲載。「二度とこのような事のないようお約束させていただきます」「妻・マリーザに対しては、申し訳ない気持ちと夫としての後悔で一杯です」とし、娘にも「私の人生を賭けて、愛情と努力で守り抜く所存です」とわびた。

 女性誌が発売される前に不倫を認め謝罪するという、異例の早さで火消しを図った石井だが、この格好のネタにお笑い芸人が次から次へと食いついた。

 大阪市内で20日、「今ちゃんの『実は…』」のDVD発売記念番組収録イベントでトークショーを行ったお笑い芸人・今田耕司(50)も“石井ネタ”で盛り上げた。

「50歳までに結婚する」と宣言していた今田だが、13日に50歳になってしまった。「50歳までには無理だったので、満51歳になるまでの『50歳のうちに結婚する』にルールを改定しました」と1年先延ばしを明かした。

 さらに理想のタイプを聞かれた今田は「石井竜也さんの外人の嫁はんがメチャクチャきれいでビックリした! すぐネットで検索しましたもん。『石井竜也 嫁』って。タイプやわー。ぜひ、記事にしてください」と話した。

 また同じ日、東京都内で行われた「いばらき広告大賞」授賞式には、お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二(38)、渡辺直美(28)、「フルーツポンチ」の村上健志(35)らが出席。報道陣から「最近、芸能界は不倫ブームですけど不倫してませんか?」と水を向けられた綾部は「してたら茨城の宣伝隊長やってる場合じゃないですよ!」とあっさり流そうとした。

 だが、そこに割って入ったのが村上。「茨城県人にそういう人はいないんじゃないですかね」と余計なひと言。というのも石井は、茨城県出身だったのだ。あわてた綾部は「やめとけ、バカ!」と村上を叩いていたが、村上は「なんかあったんですか? 知らなくて」とトボけていた。

 今年はベッキーや文枝の不倫騒動もあったが、お笑い関係者は「ベッキーはテレビ番組やCMの降板が相次ぎ、シャレにならない状況だからネタにしづらい。文枝さんは吉本の大先輩だから簡単にイジれない。でも石井さんには何のしがらみもないから、これからもネタにする芸人が増えそう」と指摘した。

 ベッキーや文枝よりも、芸人がイジりやすい不倫芸能人は石井なのかもしれない!?