「オタク川柳」大賞受賞者がリア充で許せない!?

2016年03月18日 17時58分

 株式会社インターリンクは18日「第11回あなたが選ぶオタク川柳大賞」の各賞を発表した。


 一般投票(投票4971)によって選ばれた大賞である「ネ申de賞」には、画面の美少女が消え、現実に戻される一瞬を描いた「パソ消して 消える美少女 映るデブ」(メグメグ、30代)が752票を獲得し選ばれた。


 メグメグさんは「二次元にしか嫁がいない方々には誠に申し訳ないのですが、選考期間中に現実世界でも嫁を手に入れてしまいました。賞金は三次元に使わせて頂きます」と〝リア充〟ぶりを表すコメント。


 多くの人が「爆発しろ」と思うはずだが、主催者側も「祝福したい気持ちと嘘であってほしい気持ちが入り混じっています」とコメント。投稿者も主催者もこじらせているのはオタク川柳ならではのユニークさだ。


 なお2位には「多趣味だが 人に話せる 趣味はない」(はなまめ、20代)、3位には「財布から 一万去って また一万」(かにに、20代)。4位にはアイドルオタクと思われる「握手会 イケメン2分 オレ5秒」(五秒丸、40代)、5位には「あれしきで 爆買いだとは 笑わせる」(3点買い、50代)とユニークな川柳が入っている。