「フラップガールズスクール」青山玲奈 卒業後は就活して「新たな道へ」

2016年03月13日 17時52分

ファーストアルバムの発売記念イベントを行った「フラップガールズスクール」の(左から)横山未蘭、坂本マリア、青山玲奈、佐藤優香、道江幸子
ファーストアルバムの発売記念イベントを行った「フラップガールズスクール」の(左から)横山未蘭、坂本マリア、青山玲奈、佐藤優香、道江幸子

 5人組アイドルグループ「フラップガールズスクール」が13日、都内でファーストアルバム「SCHOOL DAYS」の発売記念イベントを行った。

 5人は同アルバムから6曲を披露。4月から5月にかけて行われる東名阪ワンマンツアーをもって卒業するリーダー・青山玲奈(21)は「東名阪ワンマンは私たちにとって高いハードルだと思いますが、皆さんついてきてください」とファンに呼びかけた。

 現在サブリーダーの横山未蘭(19)は「私がリーダーをやらせてもらいたい」と次期リーダーに名乗りを上げ、「第2章のフラップにも皆さん、期待してください」と力強く語った。

 青山は「(今春から)大学4年生になるので、就職活動をして新たな道に進みたい」と卒業後について具体的に説明。これまでは「学業をおろそかにしていた」そうで、他のメンバーからも「とにかく言葉を知らない。昨日もラーメン屋さんでレンゲのことをメレンゲと言っていた」と暴露されるほど。それでも「できることなら、音楽業界に関わって、フラップの手助けができたらいいなと考えています」と明るい将来を見据えた。