「通天閣のダルビッシュ」の正体

2012年10月31日 16時00分

なんでこんな所にダルビッシュが!?

 大阪の観光地・新世界(大阪市浪速区)で、米メジャーリーグのテキサス・レンジャーズで活躍するダルビッシュ有投手(26)のそっくりさんが話題を集めている。

「なんでこんな所にダルビッシュが!?」

 大阪の新世界で彼とすれ違った人は必ずと驚いて二度見する。あまりのそっくりぶりにツイッターで「通天閣にダルビッシュがいた」と投稿する人も出てくるほどだ。

 長身に甘いマスク、レンジャーズのユニホームを身にまとったそっくりさんの正体は、松竹芸能に所属する芸人のソエジマ隊員(26)。週末を中心に、大阪の通天閣地下にある松竹劇場で呼び込みを行っているのだが、観光客の人だかりができるほどの人気ぶり。

「ダルビッシュの物まねを始めたのは、劇場のスタッフに似てると言われたのがきっかけ。ネタでは投球フォームのまねなどをしてます」と語るソエジマ隊員。日夜ダルビッシュの動きを研究し「第2回WBCでの韓国との優勝決定戦でのダルビッシュ」「投球後のフォームがはしゃいでいる女子に見えるダルビッシュ」などの“細かすぎる”ネタがある。

「いつか本人にお会いして、まねしていいですかと聞きたい。向こうが世界のダルビッシュなら、僕は新世界のダルビッシュを目指します」とひそかな夢を持っている。「今季は16勝ですが、あの松坂投手(レッドソックス)も超えていてすごい。来季は20勝を挙げて、ぜひ優勝してほしい。できればWBCでも活躍してほしいですね」とエールを送った。

 

ダルビッシュ愛の実況部屋

ミニビッシュも“メジャーデビュー”

℃-uteダルビッシュ?メッタ打ち