赤井沙希とのキスに飯伏幸太が大テレ

2016年03月25日 09時00分

赤井(左)とのキスシーンに照れた飯伏
赤井(左)とのキスシーンに照れた飯伏

 2月末で新日本プロレスとDDTを退団した人気イケメンレスラー・飯伏幸太(33)主演の特撮映画「大怪獣モノ」(7月公開予定)の撮影現場取材がこのほど行われ、同作に出演したタレント兼女子プロレスラーの赤井沙希(29)、プロレスラーの鈴木みのる(47)らが飯伏とともに報道陣の質問に答えた。

 

 首都・東京を襲う怪獣「モノ」に立ち向かう新田陽出人を演じる飯伏は「プロレスとは全然違くて、新鮮で楽しかったですね。いつもと違って苦労はしましたけど、リングでも怪獣とやってみたい」と笑わせた。

 

 セクシーな女スパイ役で出演する赤井は「アクションシーンはプロレスをやってたことが生きました。だけど、アクションシーンで当てちゃいけないのに、本当に何度か当てて殴っちゃってるんで…」と苦笑いした。

 

 さらに、赤井は飯伏にキスを迫るシーンにも挑戦したという。

 

「キスシーンみたいなのは初めてだったので、恥ずかしかった。男の人を翻弄してるスパイ役なので」

 

 一方、キスを迫られた飯伏は「非常に恥ずかしかったです。僕は“童貞役”だったので、キスシーンは恥ずかしかった」と照れながら赤井を見つめた。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ