【参院選】今井絵理子氏が出馬辞退を望まれる理由

2016年03月11日 10時00分

今井氏は圧力をはねのけることができるか

 今夏の参院選に自民党から比例代表で出馬する女性4人組グループ「SPEED」の今井絵理子氏(32)に、出馬辞退を迫る動きが出てきた。

 今井氏は2月に出馬表明。13日の自民党党大会では国歌を歌うことが決まっており、目玉候補の一人だ。今井氏をめぐっては交際相手の過去に関するスキャンダル報道が続いていた。恋人男性が過去に風俗店を経営し、10代の未成年少女を働かせたとして逮捕されたこともあったというもの。今井氏本人の不祥事ではないので、問題なしと思われていたが…。

 政府関係者は「自民党内に出馬を辞退してくれないかと説得する動きがある。恋人の話とはいえ、今井氏は党本部に風俗店経営の過去を『知らなかった』とウソをついていたのでね」と明かす。

 今井氏の説明を受けて党本部は、恋人男性を今井氏が更生させたという“美談”で乗り切ろうとした。

 しかし、恋人男性の風俗店経営歴を知っていた疑惑が浮上し、美談も吹っ飛んでしまった。

「ウソをついていたことで『今井氏の人間性はどうなんだ?』と疑問符が付いてしまった。自民党から出馬を頼んだ手前、公認取り消しにはできないが、なんとか本人から辞退を言い出してほしいというわけ」(前出の政府関係者)

 自民党関係者も「ウソをついたことは問題と思われている」と話したうえで「ただ出馬表明をあれだけ派手にやったわけで、しかも、党大会でも国歌を歌ってもらうことになっている。もう引っ込みがつかないんじゃないか」と困り顔だ。

 もともと自民党には話題優先で擁立した後ろめたさはある。今井氏出馬をめぐってはまだまだひともんちゃくありそうだ。