ささきいさお 宇宙戦艦ヤマトは「君が代を歌うような気持ちで」

2016年03月06日 21時00分

“アニメソング界の大王”こと、ささきいさお(73)が6日、東京・江東区のZepp DiverCityで「デビュー55周年記念スペシャルライブ・アンコール」を開催した。

 昨年5月にチケットが即日完売した同ライブのアンコール公演は、1100人が詰め掛け、満員御礼となった。

 きらびやかな衣装でさっそうと登場したささきは、人気の“アニソン”を皮切りに、5月25日発売のデビュー55周年記念シングル「今の向こうの今を」も初披露した。

 ライブ前は「55周年じゃなくて15年ぐらいしかたってない感じ。気持ちは若いけど体の方が…」と体力面の不安を口にした。しかし、衰えなどみじんも感じさせない美声で、約3時間30分にわたり観客を魅了した。

 代表曲「宇宙戦艦ヤマト」について「ヤマトは崩してほしくないという声があるので、君が代を歌っているような気持ちで歌っており、そうじゃないとヤマトに失礼」と熱い思いを語った。

 そのヤマトはもちろん「銀河鉄道999」「ゲッターロボ」といった人気アニメの主題歌のほか、自身のお気に入りアーティストであるエルビス・プレスリーの名曲なども披露し、会場を沸かせた。

ピックアップ