「殉愛」裁判に出廷・百田尚樹氏「何言うとんや!」声荒らげる一幕も

2016年03月02日 18時28分

百田氏

 故やしきたかじんさん(享年64)と妻さくらさんの闘病生活を描いた作家・百田尚樹氏(60)の著書「殉愛」で名誉を傷つけられたとして、たかじんさんの長女が発行元の「幻冬舎」に出版差し止めなどを請求した訴訟の弁論が2日、東京地裁で開かれた。

 

 この日は著者の百田氏が証人出廷。長女に対する同書の名誉毀損部分の取材が十分だったかどうかについて争われた。

 

 原告代理人は百田氏が長女側に一切取材していないのに、親子に「確執があった」と書いたことを糾弾。

 

 これに百田氏は「確執そのものは(本の)テーマではない。晩年の孤独がテーマ」と主張し、長女を取材しなかった理由について「聞いたところで、本当のことを言うのか?という思いがあった」と反論した。

 

「後妻業」と一部でやゆされる、さくらさんについても「そうしたネットの声もありますが、笑止!と言わざるを得ません」とキッパリ。

 

 一方で、ある週刊誌記事に百田氏が圧力をかけたとされる疑惑について何度も突っ込まれ「さっきからうその質問ばかり。何言うとんや!」と声を荒らげる場面も。

 

 原告代理人が百田氏の話を遮り「もういいです」と強制終了を連発したことにもイラ立ちを隠せず、なおも話を続けようとしたため裁判長から「質問にだけ答えればいいので」と、たしなめられることもあった。

 

 次回弁論は5月11日に行われる。