【たけしのエンタメ賞】たけし 解散騒動のSMAPにエール「名前と帰る場所は残しておいた方がいい」

2016年02月29日 16時00分

解散騒動を振り返ったたけし

 第16回ビートたけしのエンターテインメント賞の授賞式が28日、東京・港区の東京プリンスホテルで行われ、特別話題賞は年明け早々“解散騒動”で日本中を揺るがせたジャニーズのスーパーグループ「SMAP」が受賞した。

 残念ながら出席はかなわなかったが、所属するジャニーズ事務所を通じて「たけしさんに『特別話題賞』に選出して頂き、ありがとうございます。しかしながら、スケジュールの都合上、出席することができず、大変申し訳ございません」とコメント。受賞辞退ではないので、賞状とトロフィーは後日、SMAPに届けられる。

 たけしは解散騒動を振り返り「ここ何年で、これほど芸能界がざわついたことはない」とコメント。ジャニーズ事務所の“強さ”について「昔からオレは言ってたんだよ。アイドルが笑いや司会をやるようになったら、芸人は苦しいって。実際そうなった。オレらはボコボコにされたよ」と語り、頭をかいた。

 そのうえでSMAPの今後について「メンバーが別々にやっても、SMAPという名前、帰る場所は残しておいた方がいいと思うな。オレが(ビートきよしとコンビを組む)ツービートを解散してないのもそういうこと」と力説した。