TBS「金スマ」タイトル変更 原因は中居?ベッキー?

2016年02月10日 09時35分

TBSの「金スマ」が突然のタイトル変更

 原因は中居?それともベッキー? SMAP中居正広(43)が司会を務めるTBSのバラエティー番組「中居正広の金曜日のスマたちへ」が10日、突然タイトルを変更しファンに波紋を広げている。

“金スマ”の愛称で知られる同番組。公式ホームページは旧タイトルのままだが、TBS公式サイトの一部や12日放送回を紹介するテレビガイドのサイトではタイトルが「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」と変更となっている。

 同番組のタイトルはもともと1985年にTBSで放送され“金妻”の愛称でヒットしたドラマ「金曜日の妻たちへ」をもじったもの。「スマ」には当然、中居が所属する「SMAP」の意味も込められており「スマイル」ではその意味合いがなくなる。

 おりしも先月にはSMAPの解散騒動があったばかり。育ての親・I女史とともに独立の急先鋒といわれていたのが中居だった。このため今回の突然のタイトル変更に対し独立騒動と絡める声がファンから上がっている。 

 一方、もう一つの原因として考えられるのは出演者のベッキー(31)。ロックバンド「ゲスの極み乙女。」川谷絵音(27)との不倫騒動の渦中にあるが、元ネタの“金妻”は不倫を題材にしたドラマ。不倫のイメージが強くならないようタイトルを変更したという説だ。

 ただ今回のタイトル変更の理由はホームページなどで説明されておらず、さまざまな臆測を呼んでいる。