舘ひろし 大阪の女性にフラれた過去明かす「大阪弁にやられちゃって」

2016年01月31日 16時06分

舘ひろし(左)と柴田恭兵

 人気シリーズの最終作となる映画「さらば あぶない刑事」の舞台あいさつが31日、大阪市内で行われ、ダブル主演の舘ひろし(65)と柴田恭兵(64)が登場した。

 柴田から「昨日、映画が封切られ、北海道の映画館の集客は120%。北海道にあいさつに行きますか?」と言われた舘は「寒いのは苦手。大阪を徹底的にやる」と意気込んで登場。

「やめんといて!」「イヤやー!」と悲鳴のようなエールが飛び交う会場の熱気に、舘は苦笑しながらも「今の気持ち…ちょっと静かにしてもらえますか(笑い)」と応じて笑いを誘った。

 さらに大阪の女性の印象を問われると「僕がまだ10代のころに、大阪の女性に恋をしました。大阪弁にやられちゃって。『好っきゃねん』とかいいじゃない? 結局、フラれちゃいましたが」と若き日の恋の思い出を披露した。

 一方の柴田は「舘さんは女性は国籍を問わずですが、僕の大阪の女性のイメージはヒョウ柄ですね」と笑った。

 また、会場ではサプライズ企画として、舘とのじゃんけん対決に勝った観客に2人のサイン入りポスターがプレゼントされ、大いに盛り上がった。