柴田恭兵「泣きそうです…」に舘ひろし「泣かないで~♪」

2016年01月30日 18時38分

左から浅野温子、舘ひろし、柴田恭兵、仲村トオル

 往年のヒットシリーズ最終作となる映画「さらば あぶない刑事」の初日舞台あいさつが30日、都内で行われ、ダブル主演の舘ひろし(65)、柴田恭兵(64)らキャスト陣が登場した。

 1986年にテレビドラマの放送が開始されてから30年で、大団円を迎えた。

 会場にはファンが寄せたメッセージボードを掲出。柴田は食い入るように見つめ、感慨がこみ上げてきたか「泣きそうです…」と漏らした。舘はすかさず「泣かないで~♪」と、自身が84年にリリースした代表曲「泣かないで」のサビを歌い、会場を沸かせた。

 仲村トオル(50)と浅野温子(54)も息の合ったトークを展開。仲村が「30年目にして浅野さんとはやっぱりうまくいかないと分かった」とニヤリとすれば、浅野も「30年前からトオルとは仲良くありません」と同調して笑わせた。

 柴田は「これで最後です。でもアンコールの声が聞こえたら…」と切り出し、続編を望む客席から拍手喝采を浴びる。その上で「夢で会いましょう!」。舘は「この作品に出会えてよかった」とあいさつを締めた。

 出演者は一大プロモーションのため、327媒体ものメディアの取材を受けたという。

 一堂に会した舞台あいさつは今回で最後。会場には舘、柴田のトークを涙を流して聞き入る熱烈なファンもいた。